チームビルディング研修導入事例 - 株式会社アイ・エヌ・エス様

チームビルディング

お問い合わせはこちら ボタン

実際にチームビルディングを導入してからは目標を達成しています

同社は、2012年に山内様がチームビルディング体験セミナーに参加した後、ビジネスソリューション事業部で1日研修の実施を経て同事業部でチームビルディングプログラムを導入。
約8か月のプログラムを実施した後に、他部署も参加しての継続プログラムに移行。

チームビルディングプログラムを導入した経緯

そもそものチームビルディング導入のきっかけは何だったのですか?

もっと組織の状態を良くしたいと思い、“リーダーシップ”や“組織のあり方”についての講演・セミナーに何回か聴きに行って学んではいました。どれも聴いた直後は納得するし実践してみようと思ってもなかなかその実践が難しかったのです。そこでコーチングも学びに行きましたが、どうしても相手の主体性を引き出すようなレベルのものは技術的になかなかできなかったですね。

土岐さんはその時は他部署に異動されていましたよね。チームビルディングも2回目の2事業部での実施分からの参加でしたが、傍から見ると、その頃今の部署はどのように見えていたのですか?

今と比べると如実に空気が悪かったですね。部署異動や組織再編のきかっけで関係性が悪くなり、確実に組織全体が冷ややかな空気になっていました。

そのようなときに、当社の社長から(株)カイシンさんのチームビルディングを勧められたのです。

そういう経緯でチームビルディング体験版セミナーに来られたのですね。それでいかがでしたか?

全然知らない人達が集まって自然にチームになっていき、気持ちが共有できて、チームでの達成感も体験的に味わえたのを覚えています。

まったく知らない人たちでチームをつくったのですか?

そうですね。当社の公開型体験セミナーだったので、様々な方が個別に来られていたので全員知らない人同士でしたね。

そう、知らない人と自然にチームをつくって達成感を味わえるのなら、うちの部署でもみんなでこういう雰囲気を味わえたらいいなと思って一回試しにやってみようとおもったのです。

導入する際に苦労したこと

一度試しにやってみようと思われてから実施するまではスムーズに進みましたか?

最初部署のメンバーにチームビルディングをやろうと言ってもあまり共感を得られなかったですね。むしろ、チームはできている、と言われました。なので、今のチームはどのくらい力を発揮しているかを尋ねたら70%と答えてきたので、70%のチームなら80%のチームに、80%の力を発揮しているのなら90%にしたいから一回やってみないか?一回やってダメだと思ったら止めたらいいし、とりあえずやってみてから判断しよう、と言って進めました。

お試し研修の後に、正式なプログラムスタートの際はいかがでしたか?

一度研修をした後は思ったよりすんなりと実施してみようという話になりました。ただ、その頃はまだ効果が出るかは疑心暗鬼でしたね。

 
チームビルディングプログラムの導入後について

プログラムを振返ってみていかがでしたでしょうか?

最初の頃は辛かったですね。

最初にした研修のことですか?山内さんと皆さんで対立がしたと聞ききましたよ。

リーダーズインテグレーションといって、最初にリーダーである山内さんから想いや目標を発表してもらって、その後リーダーが退出して、メンバーだけでリーダーの知っていること、知りたいこと、リーダーに知っておいてほしいことを話し合い、その後リーダーを交えて話し合うと言うものですね。

あのときはまだ言えないこともあったから、対立と言うか、お互いに思っていることを話し合えたのでそれはよかったですけどね。それよりも、目標とか目的を話し合ったときに、皆の意見が全然違うのがつらかったです。

意見が一つにならなかったのがつらかったのですか?

いえ、色々な意見がでるのはいいのだけれど、まったく方向性がバラバラで話し合いができていなかったことが辛かったですね。

一回目に話し合った目標では、皆で年収アップと書いたと聞きましたよ(笑)。僕が参加した二回目の目標設定とは全然違いましたね。

まだあの頃は、踏込んだことを言うと濁すか戻すようなところがあったと思うのですが。2回目の目標の話し合いはもっと個々人の想いが入っていたと思います。

最初はそうでしたね。まだ対立的な空気がありましたね。一番ヒートアップしたのはその後の研修でしたね。言葉が悪いかもしれないけれど、喧嘩腰になって議論をぶつけ合いましたね。でも、想いが違うとか、考え方が違うとか、お互いに本音が言えてよかったと思います。

その時は、普段あまり思っていることを言わない人も言ったのですか?普段から言う人は言うし、諦める人はいますよね?

結構皆言いたいことを言っていたよ。実際あの場になったら言うと思うよ。あの時は、最終的に自分が悪いのかなと思ったね。頭ごなしはいかんなと思って、ちゃんと意見を尊重しながら、話を聞いて、決めて言くようになったね。

部長としてもチームビルディングしてよかったですか?

社長にも言ったけど、効果が一番あったというか、一番やってよかったのは自分だと思う。MBTIには助けられている。以前だと、メンバーの不機嫌そうな表情であったり、提案に対して一言目が批判的だとイラッとしていたが、今はそれがスタイルなのだと思って、気にならなくなった。許容範囲がものすごく広くなって受容ができるようになった。

実際に感じられている効果

チームビルディングの導入前と今は何が違いますか?どのような効果がありましたか?

確実に違うのは、完全に皆柔らかくなっていますね。

やわらかいというのは?

空気というか喋り方というか。全然ちがいますね。以前は最悪な状態でしたからね。

声をかけやすくなり、業務の依頼をしやすくなった、ということもあるね。以前は皆近づくなというオーラを出していて、なかなか業務の依頼を切り出せなかったから。

では、業務効率が上がったということですか?

コミュニケーションのスピードは上がりましたね。そう考えたら業務効率は上がっているかもしれないですね。今までは、メンバー同士でも直接言えないことが多くて、私が仲介役になって伝えていたことが、本人たちが直接コミュニケーションを取るようになり、協力をするようになったので、自分を経由することが確実に少なくなりましたね。

他にもありますか?

あるリーダーが仕事をよくまわしてくれているようになりましたね。元々責任感が強かったので決してサボるわけではなかったが、やるなら絶対やるタイプだから、結果が不明確なものにはできないという発言が多かった。それが、今はどうにかやってみようというスタンスになって、前向きに仕事が進んでいるようになっていますね。

会議も変わってきていると思いますね。

週1回はファシリテーションの勉強も兼ねて、みんなが意見出して傾聴と質問をするようにしています。何かお困りごとがある人に発表してもらい、それを皆でアイデア出しをしています。まだ完全にチームができた訳ではないので、研修直後に高まったエネルギーが下がりそうになったら話し合って何とか保とうとしている状態ですね。

隣の部署も定期的に集まって話し合いをしていますよ。隣は会議の進め方の練習みたいなスタイルでしていますね。

でも、さっきも言いましたが、一番効果があったのは自分だと思います。振返ってみて色々と気づきがありました。以前は、私自身が考えていることがわかってもらえない腹立たしさとかがあって、メンバーに対しての態度が良くなかったと思います。

他の皆さんも同じように変わられたのですか?

うちのメンバーは、みんな表には出さないけど溜め込んでいる、という感じがありました。今はそれが表に出てきているような、怒鳴ったりギスギスしたりではなくて、なにかしら言葉にして伝えようという雰囲気がでてきました。それと以前は不信感もあり、本気を出せなかった状況でした。そういう点が改善されましたね。

業績の方はいかがでしょうか?

実際にチームビルディングを導入してからは目標を達成しています。ただ、こればかりは色々な要素が絡むのでなんとも言えないですけどね(笑)

どのような組織にチームビルディングをお薦めするのか

実際に導入されてみた上で、どのようなところにチームビルディングを薦めますか?

モノづくり企業ですかね。私たちのITも含めてモノづくりは、作る側と営業側で、互いの言い分が違いますからね。他にも違った部門で1つのものを生み出すところはいいでしょうね。

リーダー1人の指令で動いているような組織で、なにかしらの不満や、内に秘めた意見を抱えているようなところはやるといいでしょうね。

良いモノをつくるには、お客様にこともシステム技術的なことも知らないといけません。システムでは、ネットワーク、WEB、セキュリティなどがあって一人が網羅することは困難だし、もしできたとしてもレベルが浅くなってしまいます。だから、それぞれの分野に詳しい強いメンバーで協力するチームを組む必要があります。だかた、ITの分野では絶対にいると思いますね。

設計する人がいて、開発する人がいますからね。

昔はSEとプログラマーは一緒でしたから一人で完結していました。それが、ITが複雑化してきているので協力し合わないと良いモノがつくれない時代になったのです。

最後に、もしチームビルディングを導入していなかったら?

もしチームビルディングをしていなかったら、今頃はどうなっていたと思いますか?

前のままと一緒か、いや、ひょっとしたらもっと確執がひどくなっていたかもしれないなという気はしますね。

声掛けは少ないでしょうね。部署の人間関係も、自分の案件で関わる人しか関わらない程度でしょうね。今は、自分の案件以外も互いに興味はもっているようですが。

導入してみて、まだまだうちのチームはよくなる可能性は十分にあると思うようになりましたね。自分が退職するまでに次の段階に進めたいです!

山内さま、土岐さま、お忙しい中ありがとうございました。

チームビルディング研修に戻る

無料チーム診断やいちにちお試し研修も行っております。まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら ボタン