チームづくり8ステップセミナー

みなさんが原因だと思っていることは、本当の原因ではありません

人が育たない、、、 組織として次にいけない、、、
チームがまとまらない、、、   そこそこの結果で止まっている、、
メンバーによって意識の差がある、、、
モチベーションが低い、、、
言ったことしかやらない、、、、
言ったこともできない、、、
何度言ってもわからない、、、
仲は悪くないけど結果がでない、、、、、
 
これらの問題があるとして、これたに対して、リーダー研修、コーチング、ビジョン共有、
役割と目標の再確認、マネジメントの強化、、等をして効果はでましたか? 
なかなか効果が出ないのではないでしょうか?
 
色々と個人にアプローチをしても結果はなかなか変わりません。
なぜか?
 
それは、その課題を生み出し本当の原因は、組織という器の成長不全(或は壊れている)にあるからです。
器が壊れていては、どんな優秀な人材を採用しても力が発揮できないばかりか成長もできません。
 
JTBA((社)日本チームビルディング協会)のチームビルディングは器としての組織を成長させ、
組織の中で人材が自立的に成長し成果を出していくためのチームメネジメントを手法として確立した
ものです。
 
今回、このチームビルディングについて、短時間で全体像をご理解いただける内容のセミナーを開催し
ます。
 
多くの企業や組織で実施されているリーダー研修ですが、もし貴方の組織で実施されているとしたらどれ
ほどの効果がありますか? 
また実施をしたことがないとしたら、研修受講後に何を期待されますか?

 

間違いだらけの研修制度

 

先ほどの質問で、リーダー研修を実施しているけどそれほど効果が感じられないと思われている方は少な
くないと思います。
 他の研修も同様ですが、効果が感じられない場合の要因として、そもそもの研修制度が活きていないと
いうことが挙げられます。
一般的にされる階層別研修だと、入社直後の新入社員研修、主任やリーダーになった際のリーダー研修、
管理職になった際の新任管理者研修や管理職研修というものがあると思います。
他にも、3年目研修、5年目研修というものを用意されているところもあると思います。
 
これらの研修の特徴は、その社員や従業員がその役割についた際に役割について理解するためのもので
あることがほとんどです。
 
当社の社員としてどうあるべきなのか、主任とはどういう存在か、リーダーの役割は、管理職として気を
つけることは、などといった内容になります。
 
では、これらの役割についての知識を一度学んだだけで、その方々が個々の役割の理想的な状態を体現
して、つまり言葉と態度と行動がそれに見合っており、求められている結果を出せるようになると思います
か。 おそらく、難しいのではないでしょうか。
 
これらの研修制度の過ちは3点考えられます。
 
1つは、その役割になった時点でどういうものかを教えられても、教えられたことをするようになるには時間
がかかるということです。
 であるならば、役割になる前にあるべき姿を教えておき、その役割になったときにはそれができている
状態にすべきなのです。 
 させたい人、やりたい人がするのではなく、できる人がするということです。させたい、やりたいのであれ
ば、できるようになることです。
 
2つ目は、皆さんもよく聞かれると思いますが、「知っている」と「できる」は違うということです。
 知識習得と脳力開発は異なります。いくら知識で教えたところで、それを実践する実行するには脳力が
必要です。
 多くの階層別研修は脳力開発が含まれていないことが多いのです。
 
3つ目は、研修の内容の組み立てです。 
 一般的なリーダー論ではなく、自社のリーダー、さらに言えば各部署のリーダーに求められることはなに
かということを掘り下げて作る必要があります。
 つまり、その役割における基準です。 この基準も当然ながら知識と脳力の両面が考えられます。
 そして、やはり脳力開発は時間がかかるということです。 一度リーダー研修を実施したらいって習得でき
るものではないということです。
 継続して反復的に研修をしたり、OJTと組み合わせたりする必要があるのです。

 

 

リーダー研修は何のためにするのか

 

これは先ほどお伝えした内容と重なる部分もありますが、「リーダーとはこういうものである」というリーダー
像について、その役割、意味、価値、基準について学ぶことです。
 
組織として、リーダーというポジションを置くからには、そのポジションを置いているための意味や価値、
期待する役割とその基準があると思います。
それらを的確に明確に伝えて理解してもらうためと言えるでしょう。
 
ということは、研修を用意する側が、リーダーの意味や価値、期待する役割とその基準を明確に考えておく
必要があるということです。 
組織全体の効果が、リーダーがいないよりも、リーダーがいる方が高くなるからリーダーを配置すると
思いますので、最終的にどのような効果をあげるために、リーダーがいることでどのような効果が上がる
のを期待するのか。
 
リーダー研修は組織をつくるため、組織としての目的目標を達成するため、その効果性を高めるために
実施すると言えるのではないかと思います。

 

 

リーダー研修とリーダーシップ研修

 

皆さんはリーダーに必要な要素は何だと思いますか?  
多くの方々が答えられるものを挙げると、統率力、率先垂範、判断力、分析力、信念、柔軟性、誠実さ、
冷静さ、情熱、説得力、行動力、危機管理力、などがあると思います。
 
では、これらの特質や力は、リーダーだけが発揮したらいいのでしょうか。
そうではないですよね、理想を言えばすべてのメンバーがこれらの特質を持っているとしたらすごい組織や
チームができると思いませんか。
 
つまり、リーダーとは役割を指します。リーダーシップとはあり方(態度、行動)を指します。
 
リーダー研修はどちらかといえば最初に述べたような、「リーダーとは」といったリーダーの役割についての
知識、リーダー論というものについて学びます。 
リーダーシップ研修は、そのリーダー論の個々の要素や特質を、知識やワークショップを通して身につけて
いく学習であることが多いです。
ですから、リーダーになる人には、この意味でのリーダーとリーダーシップの両方について学ぶ必要が
あるのです。
 
そして、もうひとつ重要なことは、リーダーシップには、チームリーダーシップとセルフリーダーシップの2通り
があるということです。
チームリーダーシップは、チームメンバーに対してのリーダーシップであり、一般的に言われるリーダー
シップはこちらに該当します。
 
一方で、セルフリーダーシップは、自分自身に対してのリーダーシップであり、気持ちや状態が変わりやす
く、また色々な性質を多面的に持っている人である自分を、リードしていくためのものです。
セルフリーダーシップがとれないリーダーは、高いレベルでのチームリーダーシップを発揮することはでき
ないのです。

 

 

リーダー研修・リーダーシップ研修では何を学ぶのか

 

リーダー研修で学べる内容は、各研修によって異なりますが、弊社では、チームリーダーシップとセルフ
リーダーシップの両方を組み込んだ、次のようにプログラムを組み立てております。
 
まず、知識・技術などのスキル系と意識・態度などのマインド系に分けています。
 
スキル系としては、先ほどから取り上げている『リーダー論』で、一般的なリーダーの役割やリーダーの
特徴などのリーダー諸理論について学びます。
 
その他には、リーダーとしてチームの方向性などを考えるための『ビジョン戦略策定スキル』、
自分自身を自己管理するための『セルフマネジメントスキル』、
人をまとめたり、モチベーションを上げたり、関係性を築くために必要な『対人コミュニケーションスキル』、
ビジョンを実現するための計画を考え実践する『目標設定管理スキル』、
リーダーとメンバーのチームでの最大効果を発揮させるための『チームビルディングスキル』、
部下や後輩の成長の方向性を定めて促すための『人財育成スキル』です。
 
マインド系としては、自分自身の軸、折れない心をつくるための『ミッション』、
誠実さや真心、思いやりを醸成して表に出すための『ハートフル』、
いかなる環境や状態でも主体性を失わないための『プロアクティブ』、
目標達成や成功への価値観、執着心を高めるための『コミットメント』、
自信を内省し自己変容と成長をするための『セルフイノベーション』、
自分の部下や周囲に自分ができることを分け与えていく、権限移譲、業務依頼のための
『エンパワーメント』です。
 
弊社は、「主体性開発による人財育成&自己変革」と「いい組織づくりのチームビルディング」がテーマです
が、このいずれもが実はリーダーシップ開発につながっています。
 
主体性開発とは、まさしくセルフリーダーシップの根幹にあるものですし、チームビルディングにおける最高
のチーム状態は、チームメンバー全員がリーダーシップを発揮している状態を目指しています。 

 

チームビルディングからお届けする理由

 

 

一言で言えば、リーダーの仕事、役割はチームで結果を出すことだからです。
そして、チームビルディング紹介の本セミナーが最もチームづくりの概要を端的にわかりやすく理解すること
ができます。
その中には、チームビルディングを体験的に学ぶゲームなども取り入れており、理屈で納得するのではな
く、体験で腑に落ちて学ぶことが可能です。

 

 

プログラム内容

 

1) オリエンテーション

2) チームビルディングとは何か

3) あなたのチーム(組織)はどれだけの
パフォーマンスを発揮していますか?

4) チーム診断で組織を分析しよう

6) チームには4段階の成長プロセスがある

7) チームづくり8ステップの紹介
「リーダーのポジションとチーム意識」

8) 明日から実践すること

※セミナーの中で、通常のチームビルディング研修で実施するアクティビティを体験してもらいます。

 

 

本セミナーに参加すると

 

・現状の組織課題、部下の育成課題の疑問が解けてくる。

・どうしたら先に進むのかのヒントが得られる。

・チームづくりとはなにかを体験を通して学ぶことができる。

 

過去参加者の声

 

・今までのもやもや感が課題目標設定、ビジョンを含めて明確になりました。職場に帰りチームと共有してみんなで現状を解決していきたいと思います。

・チームの成長段階を考えることができ、段階ごとの課題や取り組むべきことを参考にさせてもらいます。まだまだ全部を理解したわけではないですが、実践を積み重ねていきます。

・チームが成長する、そのために何が必要かが実感できた。今日のセミナーの場こそチームを意識させていただける雰囲気だった。多くのことを考えヒントを得るきっかけになった。既に実践できることもあり、非常に有意だった。
※お客様からいただいた個人的な感想です。

 

 

開催概要

 

■日時
2014年11月11日(火) 15時~17時00分

■会場

イーアドバンスセミナールーム
大阪市北区浪花町12-24 赤坂天六ビル2F

■主催
日本チームビルディング協会 大阪支部

■講師
牧野真雄 (社)日本チームビルディング協会 大阪支部代表 / (株)カイシン代表取締役

■参加費
5,000円
(前回参加された方は、ご紹介いただけれれば無料)

■人数
先着20名

 

【他の開催日】

※次回開催は12月19日(金)の19時~21時です。会場は、大阪産業創造館です。料金、内容、講師は同様です。

 

お申し込み

 

申込み日時・会場

お名前(必須)

所属・企業名(任意)

ご職業・お役職(任意)

電話連絡先(必須)

メールアドレス(必須)

参加人数(必須)

支払方法

 
▲このページの先頭へ