あなたにとって、優れたリーダーとは?

リーダーシップという言葉は誰しも聞いたことがあるでしょうし、

役職についている多くの方が、リーダーシップについての勉強を

されたり、研修を受けられたと思います。

そこで、ご質問です。

皆さんにとって優れたリーダーとはどのような方ですか?

そのリーダー像の特徴を3つ挙げるとしたら、それは何ですか?

考えていただけましたか?

このような質問をすると、ご自身のリーダーシップについて、

また周囲の方のリーダーシップについて考える方もおられるでしょう。

そして、おそらく人によって多少異なるリーダー像を描いていると思います。

このリーダー像の違いが上下関係や、対人関係の障壁をつくることがありますし、

自分自身が抱いているリーダー像がご自身を苦しめることもあります。

そこで、今回から4回に渡って様々なリーダーについてのコラムを

お届けしたいと思います。

まず、最初の話は、神戸大学で研究されている4つのリーダータイプについてです。

4つのリーダータイプとは、すなわち、

●ゲームリーダー

●チームリーダー

●イメージリーダー

●ドリルリーダー

の4種類であり、この4種類のリーダーシップが組織、職場においては

必要ではないかと考えられています。

もともとは、元ラグビー全日本の平尾氏が提唱された理論から起こり、

それを神戸大学でビジネス、とりわけ日本の組織に焦点を当てて研究されたものです。

●ゲームリーダー

部下やメンバーの業務そのものの管理に長けた業務遂行型リーダーシップ。

試合であればゲームを勝利に導く指令塔の役割。

●チームリーダー

部下やメンバーの人間関係に配慮するチームワーク型リーダーシップ。

試合であればメンバーの心を一つにまとめ上げるキャプテンの役割。

●イメージリーダー

現状を打破し変革するための先見性をビジョンとして語るビジョン型リーダーシップ。

チーム状態が悪いとき等に空気を創りだすムードメーカーの役割。

●ドリルリーダー

部下やメンバーを育成し、能力開発や人間性の向上を行う育成型リーダーシップ。

メンバーや後輩の技術やスキル、戦術を育成する指導者の役割。

以上の4つのリーダーシップ(リーダー)が必要であると言われています。

あなた自信はどのタイプのリーダーでしょうか?

あなたの周囲のリーダーはどのタイプでしょうか?

ちなみに、私がリーダーシップとリーダーという二語を用いているのは、

必ずしもリーダーの役割を担う方がリーダーシップを発揮するだけではなく、

リーダーの在り方=リーダーシップではない、という考えからです。

例えば、おそらく多くの職場においてリーダー的役割の方が4名もいることは

ないと思いますが、その際には、1人が複数のリーダーシップを発揮するか、

もしくは別の方がリーダーシップを発揮する必要があるということです。

今までの日本の完全ピラミッド型組織では、考えられないかもしれませんが、

リーダーシップは多数の方が発揮したほうがチームのパフォーマンスは上がります。

そして、そのリーダーシップを発揮するのは、トップリーダーだけではなく、

ミドルリーダーであったり、役職の無い方だったりするのです。

あなたの組織は、どなたがどのようなリーダーシップを発揮されているでしょうか?

2017年7月4日投稿

▲このページの先頭へ