「変化が求められるからこそ変わらない軸が必要」

「変化が求められるからこそ変わらない軸が必要」

変化の激しい時代だから個人も組織も変化せざるを得ない。特に経営者や、組織や人々に影響力を持つリーダーは自己変革を求められる。
自己対峙をして変化成長するには、どこかで自己否定が伴う。
気づきの語源は、傷付きから来ている。
気づくことは傷付くことを伴うため、今これ以上傷つきたくない人は気づきを拒否する。
自分自身の中で変わらなくて良いもの、変えなくても良いもの、がある人は、部分的に自己を否定し変化を受け入れられる。
変わらなくて良いもの、それは、自分の中の原則である。
人生の原則について考えるリーダーシップ研修が中の7つの習慣研修。
今日からまた新しく半年に渡る研修が始まります。
ちなみに、中四国で公式にライセンスを取ってこの研修ができるのは当社だけです^_^

2017年7月15日投稿

▲このページの先頭へ