ビジネススキルとは何か

「ビジネススキル」と聞いて、どのような能力を思い浮かべますか。

パソコンや英語を使いこなす能力、決められた仕事を確実にこなしていく能力、他のメンバーとコミュニケーションを取る能力、メンバーに的確な指示を出す能力など、が思い付くのではないでしょうか。

ビジネススキルと一言で言っても、様々な要素があります。社会人として必須のビジネススキル、周囲とは違って成功するためのビジネススキルについて、少し掘り下げて考えてみましょう。
                

資格を取ればスキルアップできるのか

現在では、ビジネススキル=テクニカルスキル(パソコン操作や電話応対、英会話能力などの職務遂行能力)と考える傾向が強く見られます。ビジネス関連の資格を取得すればスキルアップできると考え、資格取得に励んでいる方も多いのではないでしょうか。しかし、求められるテクニカルスキルは個々の業務によって大きく異なりますし、求められる最小限のレベルを目指すのか、それ以上を目指すのかによっても異なってきます。広島人は保守的?挑戦的?

一般的に、ビジネスパーソンとして必要とされるビジネススキルは、3つに分けられます。

1 テクニカルスキル(職務遂行力)

さらに、テクニカルスキルは、ビジネスシーンで共通して必要なベーシックスキルと、職業人として必要なプロフェッショナルスキルに分けることができます。資格においても、ビジネス文書、PC操作、簿記やITその他の初歩的な検定はベーシックと言えるでしょう。一方で、司法試験、土地家屋調査士、税理士、看護師、などの国家資格はプロフェッショナルと言えるでしょう。

2 ヒューマンスキル(人間関係力)

一般的にはヒューマンスキルは対人関係力を指しており、コミュニケーション力や感情コントロール力のことを言います。ヒューマンスキルは、組織人ならばどの職業においても一律して必要なスキルと言われています。当然ですよね。組織に属する以上、対人関係のない仕事はほとんどないからです。しかし、あまり知られていないこととして、このコミュニケーション力と感情コントロール力が物凄く奥が深く、それを体系立てて学ぶことが一般的な教育を受けている限りは皆無に等しいということです。

例えば、コミュニケーションには、対人コミュニケーションと自己コミュニケーション、言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション、意識的コミュニケーションと無意識的コミュニケーション、またそれぞれのタイプ別コミュニケーションに分けることができます。シーン毎に考えてみると、クレーム対応、報連相、コーチング、カウンセリング、リスニング、プレゼンテーションなどテクニカルな領域にも関係してきます。ビジネスや人生で活躍や成功する方々の多くは、コミュニケーション力が優れていると言われています。

3 コンセプチュアルスキル(物事の本質を把握する能力)

当然のことながら、ビジネスには現場があります。現場で仕事をするからこそ、ビジネス・商売が成り立ちます。個人事業であれば、自らが現場で仕事をしながら、経営的な戦略や計画、企画なども自分ですることになります。これが組織になると、戦略や分析、企画、計画、管理、支援などの部門や役職が存在します。事業の大小に関係なく、この状況把握と判断、情報収集と分析、戦略と計画、理念や価値観の推敲や言語化などの思考的活動を行うために必要な能力をコンセプチュアルスキルと言います。このスキルは、リーダーや管理職、役員という具合にメンバーをまとめる役職になったとき、または管理部門や企画部門になったときに必要になってきます。

ですから、ビジネススキルと言ってもとても幅が広く、資格をとればいい、ということじゃないことは当然ながらご理解いただけたと思いますし、一般的に連想されているビジネススキルだけだと偏ってしまうことが分かっていただけたと思います。

ビジネススキルを高める目的と目標と手段を明確にする

何のためにビジネススキルを高めたいのかということを明確にすることは非常に重要です。仕事によって求められるスキルは異なりますし、皆さんご自身が現在している仕事、将来したい仕事、そして現状のスキルによって何を高めるかが異なります。
                
また、収入を高めたい、ストレスを減らしたい、周囲から認められるようになりたい、結果を出せるようにしたい、など様々な目的があると思います。この目的を徹底して掘り下げていき、明確で強固なもの=信念になったときに、再度、ではどのスキルを伸ばしたらよいのかを考え直すとよいでしょう。本当に必要なスキルと、本当に手に入れたいと心から思ったときに、自己成長へのモチベーションが高まってきますし、実現する可能性が高まるのです。
                

ただ、目的や何故なのかを具体的に考えることがなかなかできない、という人もいると思います。よく世界のトヨタでは「なぜを5回繰り返せ」と言われています。それで答えが出ないのならば考えが足りてなかったり、本質にたどり着いていない、と言うのです。これ自体が、コンセプチュアルスキルなのです。実は、皆が人生の主人公であるのですから、この社会で自分の人生をどのように舵取りをしていくかを考えるのは、経営と同じようにコンセプチュアルスキルなのです。
                

でも、目的が徹底的に明確にならないからといって立ち止まるよりは、今考えられる範囲でも行動する方が成長も成功も近づいてきます。そういうときは、見える範囲での目的を考えて、明確な目標を立てることです。そして、その目標を達成するための手段としてビジネススキルを高めていくということを忘れないで進めていきましょう。
                

ビジネススキルを学ぶ方法は、書籍や雑誌、セミナー、交流会、メンターやコーチング、資格取得など様々な手段があります。弊社では、大阪や愛媛を中心に、ビジネスパーソン向けのセミナー・研修を開催しています。
                
単にテクニカルなスキルを学びたい方にはお勧めできませんが、ビジネスに必ず役立ち、人生そのものに必ず役立つ多彩なプログラムをご用意しております。皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

▲このページの先頭へ